毛穴 隠す 化粧下地

ケース別毛穴の開きのケアの方法

毛穴 開き

 

若い頃はファンデーションを薄く塗っておくだけでよかったのに、20代後半じゃら30代にに入る頃になると、どうしても毛穴開きが気になるようになります。

 

毛穴開きにはさまざまな理由がありますが、加齢が原因で起こるたるみ、ニキビの炎症や角栓を押し出したことによる肌ダメージ、皮脂が毛穴に詰まり酸化する事で黒くなる、黒ずみ毛穴などがあります。

 

毛穴開きやニキビ、黒ずみ毛穴を隠し透明感のある肌に見せる為活躍するのが化粧下地ですが、肌状態に合った下地を選んでいかないと、肌状態を余計に悪化させていきます。

 

毛穴消す 化粧下地

 

加齢による毛穴の開き

加齢による毛穴開きの場合、化粧水を手に取り適当に肌に付けた後、化粧下地を付けファンデーションを重ねている方もいますが、それでは毛穴がたるんだままなので、肌に化粧水を付けた後、手のひらで肌を温め十分に馴染ませた後、保湿効果のある化粧下地を付けた方が、化粧崩れもしにくくなります。

 

ニキビ跡

ニキビ跡があるお肌の場合、肌を化粧水でうるおした後、ニキビ跡を化粧下地で埋めていく訳ですが、下地には毛穴を埋める効果のあるシリコン入りの下地を選び、毛穴を埋めてからファンデーションを塗らないと、油分の多いファンデーションが毛穴に詰まり、ニキビや黒ずみの原因になっていきます。

 

もちろん下地も肌に残ると肌トラブルの原因になるので、メイク落としでメイクを落とし、洗顔でメイクの残りカスを落とす必要があります。

 

毛穴の黒ずみ

毛穴の黒ずみには、黄色身のある化粧下地を使うことで、毛穴の黒ずみを隠すことができます。とは言っても黒ずみをそのまま放置していては、メイクの油分や皮脂と混じりあいますます毛穴が広がっていいきます。

 

メイクを落とした後、洗顔料をよく泡立ててから指先や手のひらで肌をこすらぬよう丁寧に洗った後、毛穴を保湿することで少しづつ皮脂が落とされていくので、毎日根気よく泡立て洗顔を行ってください。